【守備の認知の原則】サッカープレーモデル解説

いつもご覧いただき有り難うございます。

今回は守備の認知の原則を説明します。

○概要

攻撃と同じように守備でも認知→分析→選択→実行というプレーの プロセスが重要になります。 観察するポイントを整理して必要な情報を収集できる必要があります。

①何を観るのか

・ゴール

・ボール保持者の状況

・味方の状況

・相手の状況

・スペースの状況

②いつ観るのか

・相手がプレーする前

・直接ボール(プレー)と関係ないとき

・相手がプレーした後

③どのように観るのか

・体の向きを整える

・周りをみる

・ボールとマークの同一視

・第一エリアから第二エリアを意識

以上が守備での認知の原則です。

—————————————–

ご視聴いただきありがとうございます。 この動画が気に入っていただけたら、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UC5Q_YKcPXju3aZ3VxfT8t1g

SNSもやっています。 お気軽にフォローしてください!

Thank you for watching. If you like this video, please subscribe!

https://www.youtube.com/channel/UC5Q_YKcPXju3aZ3VxfT8t1g

I also do SNS.Please feel free to follow!

———————————————————————–

Blog:http://life-tfm.com/

Instagram:https://www.instagram.com/tyc0408/

twitter:https://twitter.com/tfm041

note:https://note.com/tsuyoshi_04

Ameba Owd:https://tfm0408.amebaownd.com/

About Author

サッカー関連のことや衣食住に関することなどを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。