【守備4つの段階】サッカープレーモデル

【守備4つの段階】サッカープレーモデル

ご覧いただきありがとうございます。今回は守備の4つの段階を説明します。

○概要

守備の4つの段階を整理して説明します。 守備はゴールを守り、ボールを奪うという目的のために 4つに段階を分けています。

①ハント

ボールを失った瞬間に素早くボールを奪い返そうと攻守を切り替え 相手の攻撃を遅らせる段階を言います。 意識を習慣づけるには例えばボールを失った瞬間にボールの近い選手が5秒間、 あるいは5M、ボールを追い続けるなどが有効です。

②レディ

ハントでボールを奪い返すことができなかった時に一旦ポジションに戻り 守備の陣形を整え、意図的にボールを奪いにいくための準備をする段階のことを 言います。 レディは準備をするという意味です。

③スイッチ

相手に規制をかけボール保持者に厳しくアプローチし、チーム全体でボールを奪いにいく ことを言います。 この時のアプローチする選手をスイッチャーと言います。 基本的には狙いを持って主にサイドでアプローチをかけチーム全体で連動していく ことが必要になります。

④ドック

スイッチを入れてプレッシングをかけたが買わされた時にゴール前に強固な守備組織を 形成してゴールを守りながら相手を押し戻す段階のことを言います。

以上が守備の4つの段階です。 意識して試合やトレーニングを整理して落とし込んでみてください。

—————————————–

ご視聴いただきありがとうございます。 この動画が気に入っていただけたら、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UC5Q_YKcPXju3aZ3VxfT8t1g

SNSもやっています。 お気軽にフォローしてください!

Thank you for watching. If you like this video, please subscribe!

https://www.youtube.com/channel/UC5Q_YKcPXju3aZ3VxfT8t1g

I also do SNS.Please feel free to follow!

———————————————————————-

Blog:https://life-tfm.com/

Instagram:https://www.instagram.com/tyc0408/

twitter:https://twitter.com/tfm041

About Author

サッカー関連のことや衣食住に関することなどを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。